爆速で月10万円を稼ぎたいなら?

誰でもできる!
めちゃ少ないアクセスでザクザク稼げる仕組み
メルマガで配信中
 

【必見】キーワードとは?超・超初心者でも分かるようにキーワードを解説した記事

目安時間 17分

キーワードってどういう意味?

 

大事な言葉?
重要な言葉?

いったい何を指して、キーワードっていうの?

 

ましてや、

・キーワード選定
・ビッグキーワード
・ミドルキーワード
・スモールキーワード
・ロングテールキーワード

 

とかもう、完全に意味不明!

 

そんなアフィリエイトの「超・超初心者」でも分かるように
キーワードの概念を分かりやすく徹底解説します。

キーワードとは?

キーワードって単語、何度となく繰り返し出てくるけど
意味が分かりにくいよね?

 

でも、
キーワードを制する者は、アフィリエイトを制する

というぐらい大事な用語なので、

ゆっくりで良いのでこの記事をしっかり読み込んでキーワードの概念を正しく理解しておこう。

 

 

キーワードは?

↓↓↓

キーワードとは検索窓に打ちこまれた言葉のこと

分かりやすく言えば、アフィリエイトにおいては
キーワードとは検索者が検索窓に打ちこんだ言葉の事を「キーワード」って呼びます。

 

検索窓

 

何かを調べたい時に、GoogleやYahoo!の検索エンジンを使って検索するでしょ?

 

その時、
文章で打ち込まずに、単語を並べて打つでしょ?

 

「渋谷のハチ公口でスタバありますか?」

って長々と文章で検索窓に打ちこむ人・・・あまりいない。

まずいない。
いや、絶対にいない。笑

 

「渋谷 ハチ公口 スタバ」

みたいに、検索窓に打ちこむわけだ。

 

この時の

「渋谷 ハチ公口 スタバ」
がキーワードと呼ばれるものになると覚えればいい。

 

ざっくり言い換えれば

「検索者が知りたいこと・調べたいことを単語にして並べたもの」がキーワードです。

 

分かったかな?
一度覚えてしまえば、簡単でしょ?

 

アフィリエイトする時に、キーワードを意識して記事タイトルを作り、キーワードを意識して記事を書く必要があるということなんです。

 

なぜなら・・・
キーワードが含まれていない記事タイトルや記事をいくら書いても検索結果には表示してもらえないから。

 

だからキーワードはとっても重要って言われるわけ。

まず検索エンジンの仕組みを理解しよう

検索エンジン、つまりGoogleやYahoo!では検索窓に打ちこまれた

「検索キーワード」に対してその答えになりそうな記事を検索結果に表示する。

 

これが検索エンジンの仕組み。

 

検索結果

つまり、
「週末にゆっくり楽しみたいカフェ特集」
という記事タイトルで、いくら記事を書いても

 

「渋谷 ハチ公口 スタバ」

と検索した時の、検索結果には表示されないという事。

 

だとしたら、
「渋谷のハチ公口のスタバにしかない幻のメニューを見つけたよ!」

 

みたいな記事タイトルで、記事を書けば、
「渋谷 ハチ公口 スタバ」

と検索した結果に表示してもらえるよ・・ということです。

 

そうじゃないと、検索しても、知りたい情報が検索結果に出てこなかった、困るじゃん?って話です。

キーワード、一旦まとめると・・・

では、ここまでを一旦まとめます。

 

「キーワード」とは検索者が、何かを知りたい、調べたい時に「検索窓」に打ち込む言葉のこと。

 

だから、アフィリエイト記事を書くときに、大切なのは検索結果に表示されて、アクセスを集めるに

「記事タイトルにはキーワードを全て入れれてタイトルを作る必要がある」という事です。

 

つまり、検索者が知りたいことに対して、

・キーワードを入れた記事タイトル
・キーワードの答えを書いた記事

を作れば検索結果に表示されるという事です。

キーワードとは?について分かりやすく解説しました。

お分かりいただけたかな?

キーワードの種類を説明するよ

キーワードという概念は分かってもらえたとして、話を進めるね。

今度は用途に応じて、キーワードの種類を表す言葉が存在するという話をします。

 

検索ボリュームによる分類

検索されるボリューム(数)で分類すると、次の呼び方で分類します。

  • ビッグキーワード
  • ミドルキーワード
  • スモールキーワード

いわゆる大・中・小は「検索ボリュームの大・中・小」という意味。

 

検索数がものすごく多いのがビッグキーワード
中ぐらいがミドルキーワード
検索数が少ないのがスモールキーワード

スモールキーワードは別名「ロングテールキーワード」ともいわれる。

 

検索されるボリュームによって上記のように分離されているわけだ。

 

で、具体例をあげると

ビッグキーワードは
「iPhone」「車」
みたいな1単語になることがほとんど。

 

ミドルキーワードは
「iPhone 修理」「iPhone 発売日」とか「車 査定」「車 燃費」
みたいに2単語を指す。

 

一語増えることで、検索数は分散されて減るけれど、

検索者の知りたい内容が絞り込まれてくるのが分かるだろう。

 

スモールキーワードは?
そう、3語以上で構成される。

 

「iPhone 修理 最安値 店舗」「iPhone SIMロック 外し方」とか

「車 オイル交換 相場」「車 錆 メンテナス方法」みたいに

検索者が知りたい内容がかなり具体的になる。

 

その分検索数は少なくなるから「スモールキーワード」と呼ばれる。

スモールとは検索数(検索ボリューム)のことを言うのだ。

 

では、次。

検索される期間による分類

年間通して、どれぐらいの期間に渡って検索されるか?

という「期間」で分類すると、こんないび方になります。

  • ロングレンジキーワード→長期
  • ミドルレンジキーワード→中期
  • ショートレンジキーワード→短期

 

ロングレンジは年間通してずっと検索されるようなキーワード

 

・リフォーム
・登山
・猫
・英会話

 

みたいなキーワードを指します。

 

ミドルレンジは数週間~数か月にわたって検索されるキーワード

 

・ドラマのタイトル
・新作映画のタイトル
・スポーツイベント関連(開催期間がある程度長いもの)

 

など。

 

 

人気の出たドラマなどは
数か月にわたって良く検索される・・
みたいなイメージ。

 

ショートレンジは別名
「トレンドキーワード」とも呼ばれる。

 

・災害や事故関連
・芸能系のスキャンダル
・クリスマス、花火大会などのイベント関連のキーワード(その日を境にピッタリと検索されなくなる)

 

など。

 

「隅田川花火大会 最寄り駅」
みたいなキーワードだね。

 

 

瞬発的に沢山のアクセスが集められるけど、
そのイベントが終わると、1年後まで、検索されなくなるようなキーワードです。

 

 

MEGA
MEGA
ヤバイね。

いろんな呼び名のキーワードで
分からなくなってくるよね。笑

 

でも、
「検索者が調べたいことを
検索窓に打ちこむ言葉がキーワード」

それだけ、分かってれば大丈夫ですよ。

 

商品名キーワード・商標キーワード

これは、キーワードの中でも
「商品名」がキーワードになった時の呼び方。

 

「車」はビッグキーワードに分類されるけど、そのかなでも「プリウス」「クラウン」「ステップワゴン」って言ったら、「商標キーワード」っていう扱いになると覚えれ置けばOK。

 

商品名は全て「商標キーワード」になるって事です。

 

・アラジンストーブ
・ライザップ
・コカ・コーラ
・ニベア

 

みたいに。

 

並べる順番でも呼び名が変わる

複数の単語が並んだキーワードの場合、1語目をメインキーワードと呼ぶ。

 

2語名以降を複合キーワードと呼ぶ。

 

ん~~~。分からなくなってくるよね?
そろそろやめようと思う。笑

 

ぶっちゃけ、「検索窓に打ちこまれた言葉」がキーワード

記事を書くときに「タイトルと記事本文にキーワードを入れて書く」

だけ覚えておけば、とりあえずは大丈夫です。

 

 

とは、言いつつ、一応説明しておくと

「プリウス 燃費」「プリウス 価格」「プリウス 下取り」

 

みたいなときに

「プリウス」がメインキーワード

「燃費」「価格」「下取り」みたいに、

メインキーワードに加えて条件を絞り込むときにに使われるのが「複合キーワード」という事。

 

これを検索ボリュームの切り口で見た時には

 

「プリウス」=ビッグキーワード
「プリウス 下取り」=ミドルキーワード
「プリウス 下取り 事故車」=スモールキーワード

 

って事になる。

 

用途によって呼び名が変わると覚えておけばOKっす。

総まとめ

お疲れ様でした。

キーワードの概念、理解できただろうか?

 

アフィリエイト用のブログを作って稼ごうとするなら、

索エンジン経由でのアクセスが99%なので、

どんな言葉で検索されるか?

検索者は何が知りたいのか?

 

つまり「キーワード」が分からないと、タイトル作りも、

記事書きも検索結果に表示されないものを作ってしまうでしょ?

これでは痛い・・イタスギル。

 

キーワードはめちゃ大事!って言われる訳がお分かりいただけたと思います。

 

このキーワードの概念が理解できればとりあえずOKですね。

 

考え方としては

アフィリ商品を決める
↓↓↓
商品名をメインキーワードにして記事タイトルを作り、その商品に関する記事を書けばいいんだけれど

 

「検索者が何を知りたいだろうか?」
って考えることが大事。

 

この辺は「ターゲット」の話と被ってくるので、また違う機会に話そうと思う。

自分の狙ったキーワードが検索されているか?答え合わせにはGRCを使いましょう

検索結果で、自分の狙ったキーワード記事が今、何位にいるか?
をワンクリックで見られるツールがGRCです。

 

 

いわば、キーワードの答え合わせです。

検索されて、上位にいれば「キーワード選びは成功」です。

 

 

簡単に答え合わせができるツールがコレ。GRC↓↓↓

 

GRC

 

これを使えば、自分の「キーワードの狙い方や記事の書き方」が
上手くできているかがひと目でチェックできる。

 

サイトアフィリやるなら必須ツールです。

 

椅子取りゲームで、今どこの位置に自分がいるかを
ワンクリックで調べてくれるツールだからね。

 

無料版から始められるので、今すぐダウンロード、設定しておきましょう。

ここからダウンロードできます。
↓↓↓
検索順位が、見える⇒検索順位チェックツール【GRC】公式サイト

GRCは3つのURL登録までなら無料で使える。

ま、実際には記事毎のURLを登録して使うので、
有料版が望ましいけれどね。

 

ここ、ケチるとあとあと損するので、
検索順位チェッカーは必要経費と考えて、
有料版を使うことをおススメします。

 

MEGA
MEGA
はい。
お疲れ様でした。

 

「ここをもっと詳しく説明して!」
とかあったら、遠慮なく問い合わせフォームから、メッセージください。

 

あと、キーワード選定について、

分かりやすくYouTubeで解説動画作ったので、見ておこう。

↓↓↓

 

 

記事を書く時の超重要ポイントはこちらの記事で

↓↓↓

 

稼げるキーワードの選び方はこの記事で

↓↓↓

 
 
 
■少ないアクセスで、ガチ稼ぐ
MEGA式ノウハウの全てをメルマガで無料公開中!

 

下記フォームからメルマガご登録いただいた方全員に、
成約がバンバン取れるMEGA式記事作成テンプレートを無料で差し上げます。

以下にメールアドレスを入力しお申し込みください

お名前(必須)  
メールアドレス(必須)

※プロバイダーアドレスでは、メールが受け取れない場合がございますので、
Hotmail以外のYahoo、Gmailなどのフリーメールアドレスでの登録をお薦めいたします。

コメントフォーム

名前 

 

メールアドレス 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 

7Daysランキング

MEGA profile

MEGAです。

2014年からアフィリエイトをはじめ、2017年に月7桁報酬を達成し会社を退職。

 

現在はアフィリエイト・マーケティング・コンサル・アフィリ塾講師等々、パソコン抱えて全国を飛び歩いてます。

 

挫折経験、超豊富。笑

 

だからこそ、稼げない人の痛みが分かります。

相手の悩みに寄り添った丁寧なアドバイスが得意。

 

アフィリのコンシェルジュMEGAが
あなたの稼ぎ、爆伸びさせます!

 

詳しい自己紹介はこちら

サイト内検索
MEGA式アフィリエイト

爆速で稼ぎたいならコレ!
常識破りのMEGA式ノウハウ


今だけ
・1年間サポート
・ブログ診断特典付き

クリックで応援、お願いします^^
ブログランキングに参加中

にほんブログ村


サーバー選びはコレ

◆WordPressやるなら
エックスサーバー一択だ

そのサイト離脱・・エックスサーバーなら防げるかもしれない。
高速・安定性・低価格
サーバーの最高峰↓↓↓

カテゴリーからさがす
人気記事~読まれています
検索順位チェックツールGRC

あなたのブログ、今何位?
サイト成績表をひと目でチェックできる神ツールGRC。

タグからさがす
新着記事
Twitter
YouTube

キーワード選定苦手な奴、
ちょっと来い!

鬼分かりやすく解説するぞ。

コメント ありがとうございます
WordPressおすすめテンプレ

【WING】
アフィリエイターの為に作られたWPテーマの最高峰。

「稼ぐ」ための仕組みがギッシリ詰め込まれており
カスタマイズの自由度も半端ない!

WING


【賢威】

読み込み速度とSEOの強さは文句なし。
根強いファンに裏打ちされた実力派テーマ。

新たに8.0がリリースされているが、
もちろん、以前の7.2もダウンロード可能。



megablog~別館です。料理レシピ他 
お問い合わせはこちらから

お問い合わせ ↓↓↓