クッソ簡単に、月10万円を稼ぎたいなら?
誰でもできる、稼ぎの仕組み⇒メルマガで配信中

【超簡単】読者の離脱(直帰率)を減らし、滞在時間を延ばす唯一の方法!記事の冒頭に〇〇〇するだけ!

目安時間:約 9分

直ぐに離脱されてしまう。
滞在時間が伸びない。

折角書いた記事にアクセスが来ているのに、
そこから先がうまくいかない。

アフィリエイトリンクまでたどり着かずに離脱されている。

 

そんな悩みにお答えします。

この記事を読むとわかること

    • 読者が離脱してしまう理由
    • 読者に離脱されずに読んでもらえる記事の書き方
    • 滞在時間の伸ばし方
    • アフィリリンクの効果的な設置場所

まず読者はなぜ検索するのかを考えよう

    • 検索の理由
    • 検索の意味
    • 検索者の気持ち(ニーズ)

これが分かれば全ての謎が解けます。

検索者は調べものをしているんです。

間違っても、ネットで読書をしたい訳じゃなく、
キーワードの答えが欲しくて検索します。

「答えが早く知りたい」んです。

 

急いでなければ本屋や図書館で調べるでしょ?

 

ネットを使う、Googleを使うのは
「手早く、調べものの答えが欲しい」

それが検索者の求めていること。

 

まずはここが分からないと話になりません。

アフィリエイター目線が最悪な理由

    • 滞在時間を伸ばしたい
    • アフィリリンクを踏ませたい
    • ちゃんと順番通りに説明したい

これ、全てアフィリエイター目線です。
読者にとってはクッソ迷惑なだけ。

 

「美味しかった?」
って聞かれているのに

「カレーってね、知ってる?インドではさぁ・・」
みたいな話、し出すヤツと一緒です。

↑↑↑
こんな人と会話していたいですか?

 

私だったら、ストレスで倒れてしまいそうになりますけど。
二度とコイツと口ききたくないって思います。
↑↑↑
これ、離脱=直帰です。

アフィリエイト記事は「辞書機能に徹する」

検索者は答えが知りたくて、検索する。

だから、答えから書くのが正しい

SEOのアフィリエイト記事に置いては。
誰が何と言おうと
答えから書くのが正しいんです。


めっちゃよくある実例

先日、Peachとバニラが合併したので、
成田空港の搭乗カウンターが移動した。

Peachは第一ターミナルから、第三ターミナルに移動したんですね。
(便利だったのになぁ)

そんなこと知らずに、
旅券見た瞬間にPeach・第三ターミナルってなっていたので
あれ?と思って検索したんですわ。

Peach 成田 出発ターミナル

 

見つかったさ。

Peachの成田の出発ターミナルはこちら」みたいな記事タイトルが。

 

でクリックして読み始めたら

「PeachはANA傘下のLCC航空会社です」
↑↑↑
いやいや・・知ってるって!

 

「成田空港は関東で最も広い・・・」
↑↑↑
分かってますって!

 

「Peachでは機内持ち込みの荷物には重量制限が・・」
↑↑↑
おい!

出発ターミナルを教えてくれる記事じゃないんかい?!

このライターさんを
目の前に正座させて
小一時間詰めてやりたくなった。

このストレスの中で、
誰がアドセンス広告クリックするか?
このボケ!と。

答えから書こう

検索者の知りたい答え=記事タイトル(当然キーワードが入っているよね?)の答え
です。

せっかく記事タイトルを見て
「お!答えを見つけたぞ!」ってクリックしてくれたんです。

まず答えからストレートに書きましょう。

上の例でいけば

「Peachの成田空港の出発ターミナルは〇月〇日から第三ターミナルに変更になりました」
これが1行目に書かれているべきこと。

 

「美味しかった?」って聞かれたら
「うん!美味しかった」って答えるのと一緒です。

1行目で答えを見つけられた検索者の目線、目の動きは
ざっと高速でスクロールしながら
「記事中見出し」を拾って行きます。

興味がある見出しを見つければ、
そこで立ち止まって、また読んでくれます。

 

宜しいでしょうか?

書いた記事を全部読んでもらえると思ったら
大間違いですから。

 

検索者は必要な情報をピックアップしたいだけなので。
検索した記事を隅から隅まで熟読するほど暇じゃないんです。

記事を全部読む人はおそらく100人に1人もいないでしょう。

↑↑↑
この前提が分かっていないと
どんなに記事書いても、成約なんて取れるわけが無い。

 

答えを最後まで引き延ばせば
最後まで読んでくれて、滞在時間が稼げる・・
↑↑↑
こんなこと思って記事書いてたら、
検索者には本当に大迷惑でしかないです。

ストレスにしかならないので。

 

答えから書くんです。

そして、記事タイトルで検索してくるユーザーが
興味を持ちそうな記事中見出しを上手にレイアウトするんです。

答えを得て、満たされたユーザーは
とりあえず、他にどんなこと書いてあるのか?

イチイチ、細かくは読まないけれど、
見出しだけはざっと流し見します。

で、
興味がある見出しの部分は、
記事まで読んでくれる可能性が大。

そしたら、ちゃんと滞在時間伸びますから。

ざっくりだけど、少しは読んでもらえます。

検索ユーザーのニーズと心の動きが分かっていれば
書くべき順番、設置すべき記事中見出しは、おのずと答えが出ますよね?

 

効果的なアフィリリンクの設置場所

アフィリリンクは1記事に2か所がベストと言うのが私の見解です。

 

冒頭の答えを書いた直後に1か所目のアフィリリンクを設置します。

実際の所6~7割がこの冒頭の答えの後のリンクを踏んで成約に結びついてます。

↑↑↑
なぜ、この現象になるか?
この記事ちゃんと理解できた人にはわかりますよね?

答えが分かって、満たされたからですよ。

 

もう1か所は
後半、もしくは終盤に丁寧な誘導文と共にアフィリリンクを設置します。

これで、残りの3~4割の最後まで読んでもらえた検索ユーザーにアプローチします。

まとめ

読者の離脱(直帰率)を減らし、滞在時間を延ばす唯一の方法は?

 

冒頭からストレートに「答えを書く」

 

これに尽きます。

 

これができていない人があまりにもあまりにも多いので
徹底的に意識して欲しい。

 

起承転結はNG

検索キーワードの答えから書き始めましょう。

『補足』

この記事で伝えたことは
特に、商標検索・お悩みキーワード検索などの
「検索ユーザー」に向けた記事の書き方の鉄板についてです。

AD広告や検索ユーザーではない人へのライティングは
全く別のアプローチになるので、混同しないように。

SEOの検索ユーザーに対する記事の書き方の話だよ

というのをお忘れなく。


キーワード選定に関してはこちらの記事で学んでください↓↓↓

 

 

 

この記事が役に立った!
という方は「イイね」の代わりにポチして頂けると嬉しいです。
↓↓↓

アフィリエイトランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

7Daysランキング

MEGA profile

MEGAです。

2014年からアフィリエイトをはじめ、2017年に7桁を達成し会社を退職。

現在はアフィリエイト・マーケティング・コンサル・アフィリ塾講師等々、パソコン抱えて全国を飛び歩いてます。

塾生達からは
アフィリの鬼軍曹と呼ばれている。

↑↑↑本当は怖くねぇし・・・

詳しい自己紹介はこちら

サイト内を検索する↓↓↓

人気ブログランキングに参加中。
応援のクリック!
宜しくお願いします♪


アフィリエイトランキング

月10万円を手堅く稼ぐ!

超人気!初心者・挫折者OK!
少ないアクセスでザクザク稼げる
【MEGA式アフィリエイト】

購入者特典を用意しました。

詳しくはこちらのページで
↓↓↓
MEGA式 詳細はココ

人気記事~読まれています
カテゴリーからさがす
タグからさがす
新着記事
Twitter
コメント ありがとうございます
WordPressおすすめテンプレ

【WING】
アフィリエイターの為に作られたWPテーマの最高峰。

「稼ぐ」ための仕組みがギッシリ詰め込まれており
カスタマイズの自由度も半端ない!

WING


【賢威】

読み込み速度とSEOの強さは文句なし。
根強いファンに裏打ちされた実力派テーマ。

新たに8.0がリリースされているが、
もちろん、以前の7.2もダウンロード可能。



megablog~別館です。